― 北欧を夢見て ―
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

サマーシエスタ

夏ですねぇ〜 (^−^) 

白樺の木に寄り添って休憩中のムーミンパパのマグ*
2009年のものです (^−^)


+++

スギやヒノキが終わったと思ったら、イネ。。
一年中アレルギーから逃げられないのか (> <)


kiitos ∞ haru

メトサンヴァキのこと

マリメッコのテキスタイル・メトサンヴァキの盗作スキャンダル。。。
クリスティーナ。。  どうしてーー (> <)
。。。素直にショックでした。


「森の住人」  という意味をもつこの柄。
まさに森の国フィンランドのブランドらしいテキスタイルだと思っていた。
FINNAIR の新しい機体のデザインがこちらに決まったときも嬉しかったし、
このトレーも大のお気に入りです。


クリスティーナは盗作の事実を認めて、謝罪をしたそうです。
飛行機も塗り替えられるとのこと。
一回も生で見ることができなかったのが、残念でなりません。。


+++


好きなテキスタイルの2トップである、ウニッコとヴィキルース。
どちらもイソラ親子が手がけたデザインです。
たくさんのデザイナーさんがマリメッコの作品を発表しているけど、
個人的に目を引くテキスタイルって、マイヤ&クリスティーナのものがとても多い。
( あ、プケッティも譲れないけど。。)

それを痛感させられたのはムック本が出たときだった。
あぁ私マリメッコ好きと公言してる割には、好みの柄が限られてるなって。
( 苦手なデザインも、正直結構あるので )


だから、大好きな作品をたくさん生み出してくれたクリスティーナが・・
もしもこの先マリメッコで仕事をすることができなくなってしまったら。。
それはファンとしてものすごく悲しいです。。。

+++

でも盗作はルール違反。 

今後どうなるか心配です。


kiitos ∞ haru

すてきな一日

大好きなまる♡ 結婚おめでとう〜* (^−^)
とってもとってもキレイで、感動的で、素敵な結婚式でした☆


高校2年間クラスが同じで、ずっと一緒にいた大切な友達♪
卒業してからも仲良くしてくれて本当にうれしい* (^−^)
昔から変わらないまるのやさしさには、いつも助けられているよ。
自分のことより周りのこと、どんなときも友達思い**

素敵な旦那さんの隣でニコニコしてるまるの姿が美しすぎてウットリ。。
ご両親へのお手紙では、終始涙が止まりませんでした。。

+++


昔からの友達でも、全てを知ってるわけではない。
これまで刻んできたさまざまな歴史があって、想いがあって、
たくさんの人と出逢い、 支え合って、愛情受けて、
その中でたった一人、この人と一生を歩いていくと決める。
その力強い決意には、これから拓いてゆく未来への希望がいっぱい詰まってる。


幸せは、 変化しながらも、 続いていく。
でもきっと、変わらないものは 変わらないまま守られるもの*


いつもまるの笑顔が輝いていますように++
心から、おめでとう (^−^)


kiitos ∞ haru

フィンランド

大好きななむさんとの楽しい時間** (^−^)



ムーミンのシルエットラテを飲みながら、フィンランドのことを語り合う+
北欧のことをこれほどまでに気兼ねなく話せる友達がいて本当にうれしい!!
出会えて幸せ♪♪ (^−^)
いつかまた2人でフィンランドへ行くのが私の願いです☆

+++

なむさんに誘ってもらって、ヒーリングプラネタリウムにも行ってきました (^−^)
『オーロラの詩』 (6月9日までやっています)
森をイメージした香りに包まれながら、オーロラと星の美しさに癒されたー。
しかもナレーションは大好きな実日子ちゃん、BGMはticomoon!

ヘルシンキの風景はもちろん、トントゥやサンタにまつわる話もあって
なんだか無性に恋しくもなりました。。

これからも私は毎年フィンランドへ行くだろうから、
オーロラもいつかは目にすることができると思っています*
写真や映像では分からない、大きな感動があるんだろうなぁ (^−^)
そのときが楽しみです!


kiitos ∞ haru

『昨夜のカレー、明日のパン』
最近楽しいことばかり!  ちゃんと記録していかないと。

+++

夫婦脚本家、木皿泉の初小説* 『昨夜のカレー、明日のパン』



この人たちから生まれる言葉たちが、たまらなく大好き*
文章から、においや色や音。。良い具合で じわっと伝わってくるのです。
心の奥の方へ響く、やさしいけど厚みのあるセリフがたくさん詰まってる。


知らぬうちに埋もれてしまってるような、 ささやかないろいろ。
そういうことを 改めて深く意識したくなって、
本当に大切にしたいのって 結局こういうことなんだよね、と気づかされる。
そしてその与えられた気づきからは、明るいきれいな光が広がっていて。

+++

だからストーリーの終わりが寂しくないんだろうな。
木皿さんの作品は、毎度そう。
さらっとした心地良さが 私はとても好きです。

+++

そんなこんなで、『すいか』 を毎晩一話ずつ鑑賞中。
まだ夏には早いけど、 夏じゃなくたっていつだって観たいドラマだ。

今日は大好きな4話。 ゆかちゃんと教授のブローチの話 ♡

はー、 実日子ちゃんの可愛さハンパない!!


kiitos ∞ haru